読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ペンの光】規定部「推薦」昇格試験を郵送しました。

 

4月20日締め切りの規定部昇格試験の作品を4月12日に郵送してきました。

 

f:id:jpenpen:20170419193917j:plain

 

第一問

f:id:jpenpen:20170410102112j:plain

筆記具:三菱鉛筆 / uni-ball SigNo 0.28mm(顔料ゲルインキボールペン)

競書用紙Cを使用しました。

 

第二問

f:id:jpenpen:20170327153915j:plain

筆記具:ぺんてる / ローリー 0.7mm(油性顔料ボールペン)

競書用紙Cを使用しました。

 

第三問

f:id:jpenpen:20170403134314j:plain

筆記具:プラチナ / デスクペンDP-1000AN
インク:プラチナ / カーボンインク

競書用紙Eを使用しました。

 

感想

昇格試験の課題にはお手本がありません。

これまでのペンの光の課題を書く上で、「お手本通りに書くこと」を最優先にしてきた私にとって、その指針となるお手本が無いことにとても苦労させられました。

 

計三問の中で、最も難しかったのが第一問目です。

第一問は字数が少なくて簡単そうに思えますが、その分、字間や熟語間のバランスなど誤魔化しがきかず、なかなか思うように書けませんでした。

結局、第二問と第三問に費やした倍以上の時間を第一問に使いました。

 

今回の昇格試験に取り組む際に心掛けたことは、「三問それぞれ違う筆記具を使う」ことです。

同じ筆記具ばかりを使うと単調になってしまう気もしますし、なにより、どんな筆記具でも上手く書けるようになりたいという思いがあるのでそうしました。

 

作品のデキに関しては、おおむね満足しています。

もちろん、直すべきところは無数にありますが、それが今の私の実力です。

現時点での私の力は出せたと思いますし、良い結果がついてくると信じています。

 

《昇格試験の結果はこちら》

 

 

【ペンの光】2017年3月 規定部「推薦」昇格試験 第三問

 

ペンの光規定部「推薦」昇格試験の第三問目が完成しました。

 

第三問

f:id:jpenpen:20170403134314j:plain

筆記具:プラチナ / デスクペンDP-1000AN
インク:プラチナ / カーボンインク

競書用紙Eを使用しました。

 

第三問は横書きの課題です。

書体は随意ということなので、私の好きな楷書で書きました。

 

苦労した点は、各行の右端を揃えることです。

結局上手く揃えることができませんでしたが、多少のズレは許容範囲かなとも思います。

 

一行目が一番難しく、字粒やバランスが整いませんでした。

 

 

《第一問目、二問目はこちら》