読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ペンの光】2015年10月号「規定部」の練習 その1

 

今回から10月号の競書課題の練習をします。

最初は「規定部」の練習からです。

課題文は、「見頃は10月下旬です」(楷書、横書き)です。

 

どのボールペンを使うか書き比べ

初回恒例の書き比べです。

f:id:jpenpen:20150923151509j:plain

上から、uni-ball SigNo 0.28mm、SARASAクリップ 0.3mm、ENERGEL 0.3mm、uni-ball SigNo 0.38mm、SARASAクリップ0.5mm、JETSTREAM 0.7mm、ビクーニャ 0.7mm

 

今回から、ぺんてる / ENERGEL 0.3mmが仲間に加わりました。

課題文のお手本も、偶然にもENERGEL 0.3mmで書かれたものなので、私もENERGELを使用しようと思っていたのですが、実際に書き比べたものを見ると、もう少し太めの線の方が見栄えが良い気がします。

今回の課題文は画数が少ない漢字が多いので、細字で書くよりも、0.4mmか0.5mmのゲルインキボールペンで書いた方が良いように思えます。

もしかしたらお手本と同じように、0.3mmのゲルインキボールペンで書いた方が良いのかもしれませんが、どのボールペンを使用するかを自分で決めることも練習の一つだと思いますので、自分が気に入ったボールペンを使用することにします。

色々書き比べた結果、三菱鉛筆 / uni-ball SigNo 0.38mmを使用することにしました(先月と同じです)。

 

《次回の記事》