読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ペンの光】2015年8月号~2016年7月号の筆ペン部出品作品のまとめ

 

ペンの光の筆ペン部が準初段になったので、今までの出品作品をまとめました。

 

2015年8月号 「白い綿のパラソル」 (10級⇒9級 17位/159人)

f:id:jpenpen:20160928194624j:plain

 

筆ペン部に初出品した時の作品です。

 

今見返してもひどい作品ですね…。

 

この時はまだ筆ペンの使い方が全然できていませんでした。

 

2015年9月号 「まさに芸術の秋」 (9級⇒8級 6位/159人)

f:id:jpenpen:20160928195839j:plain

 

何故か写真版に掲載された作品です。

 

嬉しかったことに変わりはありませんが、自分の納得のいく作品には程遠いです。

 

2015年10月号 「是非のお越しを」 (8級まま 130位/154人)

f:id:jpenpen:20160930191821j:plain

 

過去2回よりも上手く書けたと思ったのですが、結果はひどい有様でした。

 

筆ペン部の難しさを体感しましたね。

 

2015年11月号 「夕日が雲を染めて」 (8級⇒7級 3位/151人)

f:id:jpenpen:20160930191859j:plain

 

筆ペンがなかなか上達しないので、かなり時間をかけて練習した作品です。

 

「夕」の字だけで10時間ほど練習した記憶があります。

 

今まで書いた作品の中で、最も記憶に残っている作品です。

 

過去3回よりもだいぶ上手くなったと思いますし、良い順位を頂けました。

 

2015年12月号 「にぎわう暮の街」 (7級⇒6級 3位/132人)

f:id:jpenpen:20160930191941j:plain

 

前の月と同じく3位を頂いた作品です。

 

このまま良い感じで昇級できるんじゃないかと調子に乗り始めた時期でもあります。

 

2016年1月号 「藤むすめの羽子板」 (6級まま 59位/171人)

f:id:jpenpen:20160930192012j:plain

 

59位で昇級できなかった作品です。

 

見た目的に散らかっていて、昇級できなかったのも頷けるデキですね。

 

2016年2月号 「丹精こめた洋ラン」 (6級⇒5級 28位/179人)

f:id:jpenpen:20160930192053j:plain

 

なんとか昇級できましたが、全体的に弱弱しいですね。

 

縦画をもっと力強く書くことが課題だと思います。

 

2016年3月号 「ご卒業の記念に」 (5級⇒4級 1位/132人)

f:id:jpenpen:20160930192128j:plain

 

筆ペン部で初めて1位を頂いた作品です。

 

やはり全体的に細いですが、前月よりも改善されていると思います。

 

2016年4月号 「匂う菜の花春霞」 (4級⇒3級 1位/141人)

f:id:jpenpen:20160930192205j:plain

 

こちらも1位を頂いた作品です。

 

個人的に、今までの筆ペン部の作品の中で一番気に入っている作品です。

 

2016年5月号 「五月の澄んだ空」 (3級⇒2級 1位/149人)

f:id:jpenpen:20160930192254j:plain

 

3回目の1位を頂いた作品です。

 

だいぶ力強さも出てきたのかなと思います。

 

2016年6月号 「国際色ゆたかな」 (2級⇒1級 13位/121人)

f:id:jpenpen:20160930192337j:plain

 

この月はだいぶ順位を下げました。

 

私自身はけっこう良く書けたと思っているのですが…

 

行書は難しいですね。

 

2016年7月号 「故郷に寄せる思い」 (1級⇒準初段 21位/144人)

f:id:jpenpen:20160930192422j:plain

 

これは見るからに良くないですね。

 

昇段できたことに少し驚きました。

 

あまり練習できなかったので、仕方ありませんね。

 

筆ペン部準初段になって

12回の出品で、準初段になることができました。

筆ペン初心者でよくここまで来れたと思っています。

これからも筆ペンの練習をしていきたいですが、筆ペン部への出品は一旦お休みします。

理由は、練習時間があまりとれないからです。

それに、規定部で早く五段に上がりたいと考えているので、そのために規定部の練習を優先したいです。

無事に規定部で五段になれたら、また筆ペン部への出品を再開します。